D51 498号機組立(やえもんデザインコンバージョンキット) 4

完成です!

e0316068_23302883.jpg


e0316068_23302939.jpg


e0316068_23303086.jpg


e0316068_2330302.jpg


e0316068_23303121.jpg


e0316068_2330322.jpg


e0316068_23303266.jpg


e0316068_23303330.jpg


e0316068_23303491.jpg






やえもんデザインさんのコンバージョンキットは、初心者にも優しく組み立て易く、良くできたキットだと思います。(とは言ってもある程度経験等が必要となりますので、自己責任でご判断ください。)
瞬間接着剤での組み立ては、意外と強度も問題ありませんでした。途中で制作を諦めることも覚悟して始めましたが、難所はありましたが思ったよりもスムーズに進みました。プラ製品加工のモールドを削る作業を考えれば、作業効率もよく、自由度が高いような気がします。ピンバイスの0.3mmのドリルを何本も折りましたけど・・・
半田ゴテが怖い私にとって”真鍮キット”の組み立ては、憧れはあっても”手の届かない世界”だったので完成に持ち込めたのは感動です。
e0316068_23303433.gif


残念ですがKATOからD51のリニューアル品が発売され、D51標準の各種コンバージョンキットの生産が終了してしまいましたが、ナメクジ型は、生産されており、またC61等の新商品も発売されるようなので、今後も目が離せませんね!(一番残念なのは、自分の体力と時間がとれないことです・・・)残りの制作途中の2両を早く完成させないと・・・
[PR]

by ryusfactory | 2011-11-27 19:37 | -------- D51 498 | Comments(6)

D51 498号機組立(やえもんデザインコンバージョンキット) 3

全体を漆黒に塗装です。動態保存機なのでウェザリングをしていません。

e0316068_23302616.jpg


e0316068_23302650.jpg


e0316068_23302768.jpg


e0316068_23302827.jpg

空気作用管の塗装を剥がして銅線色を出します。その後各部の色指し。JR東日本の動態保存のSLは、配管を白く塗ってある部分が多いですね。前照灯は、シルバーにゴールドを混ぜて塗ってあります。
一番面倒なのは、給水温め機の金帯の塗装です。一番巧く行ったのは、テンダーのゼブラ板の黄色と黒色の無理分けです!
そして、スノープロウにペイントされているナンバーをインレタ貼りで表現。4カ所にナンバープレートを貼り、メーカープレートや標記関係のインレタを貼って完成です。


[PR]

by ryusfactory | 2011-11-27 19:11 | -------- D51 498 | Comments(0)

D51 498号機組立(やえもんデザインコンバージョンキット) 2

続いて下回りとテンダーです。
まず、下回りですがリアルラインの中古を利用しました。(あまりお勧めできません。マイクローエースの方が簡単でいいと思います。)

e0316068_23301862.jpg

従台車枠は、横幅が大きいので切り詰めます。

e0316068_23301856.jpg

従台車枠の横幅切詰めにともない、従台車も横幅を調整するのにステーをカットし、真鍮帯板に交換し、整形。

e0316068_23301981.jpg

組み付けて確認。

e0316068_23301939.jpg

ワールド工芸からキットが販売されましたが限定だったので、入手できず、コツコツと作成。この頃はまだ体力がありました・・・

e0316068_23302056.jpg


e0316068_23302128.jpg

配管も行い、小物も取り付け。消化器も自作。これで、テンダーも完成。

e0316068_2330212.jpg

見難いけど、スコップも仕込みました。
[PR]

by ryusfactory | 2011-11-27 19:08 | -------- D51 498 | Comments(0)

D51 498号機組立(やえもんデザインコンバージョンキット) 1

バタバタしてUP出来ていなかったD51 498号機の制作記をUPします。
記事が長くなるので記事を分割します。(分割の仕方が悪くて、なんどか記事をUPしたり削除したり混乱しました。申し訳ありません)

e0316068_2330548.jpg

どきどきで”初めての真鍮キット制作”開始でした。半田が苦手なので躊躇してましたが、下回りの組み立てがないコンバージョンキットなのと瞬間接着剤でも大丈夫との情報をもらいましたので、”清水の舞台から飛び降りる”位のつもり(大袈裟?)でトライしてますので、気合い十分で挑んでます!

e0316068_2330531.jpg

気合いが入っていたので、細かく配線も表現。始めからオーバーワーク気味です・・・

e0316068_2330682.jpg

給油コックは、0.2mmの導線で作り、取り付け。これは、細かいところは作りきれないので、雰囲気で・・・と言うことでご勘弁を。

e0316068_2330660.jpg

498号機の配管カバーの前方部分は、特徴的なので、自作して取り付け。プラ板ではなく、割りピンの枠を材料に加工したので時間がかかりました。リサイクル?

e0316068_2330786.jpg

2008年まで前照灯に氷柱切りが装備されており、この時代の498号機が好きなで、この特定機制作となった次第です。ワールド工芸製の庇付き前照灯をなんとか探して購入し、これに交換。無ければ、自作も検討していたので、これを購入できたのが、今回最大のポイントです。しかし、シャープなイメージでかっこいい!

e0316068_233086.jpg


e0316068_2330857.jpg

各部配管も資料見ながら慎重に取り付け。この辺は、接着剤の方が簡単かもしれません。

e0316068_2330913.jpg


e0316068_23301046.jpg

キャブは、天井を板張り表現し、機器類は、わかる範囲(なんの装置かは、理解していないのでいい加減です)でパーツ作成し取り付け。賑やかになってきました。

e0316068_23301131.jpg


e0316068_2330118.jpg


e0316068_23301271.jpg

エンジン部分が完成です。
[PR]

by ryusfactory | 2011-11-27 19:00 | -------- D51 498 | Comments(0)