カテゴリ:[N] EC( 87 )

211系5000番台 Vol.19

e0316068_11192051.jpg海側の作業も無事に終わりました。


...続きを見る
[PR]

by ryusfactory | 2013-07-07 12:06 | [N] EC | Comments(0)

211系5000番台 Vol.18

e0316068_8472839.jpgATS-PTの配線です。
e0316068_8473057.jpgステー取付けが面倒。

e0316068_932891.jpg

山側の作業が終わりです。後は、海側の作業です。
[PR]

by ryusfactory | 2013-07-06 08:58 | [N] EC | Comments(0)

211系5000番台 Vol.16

e0316068_22572190.jpg
e0316068_2302575.jpg
e0316068_22571955.jpg
e0316068_22571743.jpg

パーツを追加し、スカート周りOKです。あっ,
もう1両おなじことしなくちゃっと・・・
[PR]

by ryusfactory | 2013-06-20 23:02 | [N] EC | Comments(0)

211系5000番台 Vol.15

屋根の加工が終わったので、下回りの作業に入ります。
e0316068_165516100.jpgまず、クモハのスカート周辺です。


...続きを見る
[PR]

by ryusfactory | 2013-06-15 16:58 | [N] EC | Comments(0)

211系5000番台 Vol.14

二両分が完成しました。
e0316068_21172657.jpg


...続きを見る
[PR]

by ryusfactory | 2013-06-10 21:27 | [N] EC | Comments(0)

211系5000番台 Vol.13

e0316068_81721.jpg資料を見てて気になったので、一両目の配管を少し変更しました。

e0316068_817584.jpg二両目の配管に入りました。配管の変更で、パンタグラフ取付けていたステーを屋根側に取付けに変更。
避雷器を取付けるのに1.5mmの穴を開け、台座を12ヶ所に取付け。
[PR]

by ryusfactory | 2013-06-02 08:23 | [N] EC | Comments(0)

211系5000番台 Vol.12

e0316068_21581934.jpg静岡で撮ったこの写真でわかったところを作業します。


...続きを見る
[PR]

by ryusfactory | 2013-05-28 06:58 | [N] EC | Comments(0)

211系5000番台 Vol.11

e0316068_7585459.jpg移動の合間に観察。
主バネのカバーが大きくて存在感があります。それと、吊るためフックも目立ちますね。
e0316068_7585083.jpg


...続きを見る
[PR]

by ryusfactory | 2013-05-12 08:29 | [N] EC | Comments(0)

211系5000番台 Vol.10

e0316068_2231228.jpg今回のパンタ加工は、パンタのステー下側を削ります。

e0316068_22312759.jpg屋根に取り付けた台座側のステーの上に削ったパンタのステーがのるようにします。
e0316068_2231451.jpg些細な事ですが、この方が見た目が良いので作業方法を変えてみました。

こんな感じで、作業手順や方法を考えるのが楽しいですね。想像していた通りに出来たときは、ガッツポーズ!
表現ポイントとなるところの作業手順や方法、それに素材選択などを何通りか頭の中でシュミレーションしながら最も良いものを選択するプロセスがワクワクして、作業のモチベーションを上げてくれます。
完成も嬉しいですが、加工作業が完了して色を塗る前、作業箇所が見える状態で模型を眺めるのが大好きです。

気合いを入れて作業するんですが、すぐに忘れてしまうので、こうやってブログにアップしておくと見返すことが出来ていいですよね(^_^)
[PR]

by ryusfactory | 2013-05-07 19:28 | [N] EC | Comments(0)

211系5000番台 Vol.9

e0316068_16101251.jpg2両目の屋根加工です。パンタ台座取付け用の穴を開けるため、けがきました。


...続きを見る
[PR]

by ryusfactory | 2013-05-06 16:37 | [N] EC | Comments(0)